フォークリフトの運転INFO!!イメージが大切。内輪差を把握して運転するには

トラックの免許情報や運転のコツなどが掲載されているサイト【NORIMONO!!】

フォークリフトを運転する際に、曲がるのが難しいと感じる人もいるかもしれません。

内輪差を意識して運転するコツは、ハンドルをきった際にどれぐらいタイヤが動いてどのくらいの角度になるかといったことをイメージすることが大切です。

そのイメージが出来ているのか出来ていないのかで、ハンドルをどれぐらいきればいいのかといった感覚が変わってきます。

もちろんフォークリフトの運転に慣れるということも大切なのですが、自分の中での運転のイメージと実際にハンドルを操作した時の感覚のズレを意識することで、上達のスピードが変わってくるのと同時にフォークリフトの内輪差に対する感覚も養っていくことが出来ます。

イメージしながら運転することが大切です。

関連記事

  1. トラックの免許情報や運転のコツなどが掲載されているサイト【NORIMONO!!】

    フォークリフトの安全INFO!!危険から運転手を守ってくれる便利アイテム

  2. トラックの免許情報や運転のコツなどが掲載されているサイト【NORIMONO!!】

    フォークリフトの安全INFO!!冬場の凍結時に運転するときの注意点

  3. トラックの免許情報や運転のコツなどが掲載されているサイト【NORIMONO!!】

    フォークリフトの運転INFO!!上手いと言わせる運転テクニック

  4. トラックの免許情報や運転のコツなどが掲載されているサイト【NORIMONO!!】

    フォークリフトの未来INFO!!Maasとは一体。決して関係ないとは言えない新しい概念

  5. トラックの免許情報や運転のコツなどが掲載されているサイト【NORIMONO!!】

    フォークリフトの運転INFO!!プロは持ってる必需品!?持っていると「やるな」と思わせる物

  6. トラックの免許情報や運転のコツなどが掲載されているサイト【NORIMONO!!】

    フォークリフトの安全INFO!!異常を感じたらどうする?車体のここをチェック