バイクの安全INFO!!ブレーキを安全にかけるコツとは。制動距離の計算方法

トラックの免許情報や運転のコツなどが掲載されているサイト【NORIMONO!!】

街中を走っているとバイクを見る機会が多くあります。

車の台数と比べてしまうと車が買ってしまいますが、バイクも台数としては侮れないほど多くの台数が毎日走っています。

すり抜けもできて、渋滞には強い、その小回りが利かせる一方で、バイクに急ブレーキは二輪であることもあって大変危険です。

安全にかけて停止するには制動距離の把握が必要です。

計算というより一般的に言われているのは時速50キロメートルの時には止まるのに30メートルは必要です。

ブレーキが作動するまでにかかる空走距離と作動して停止するまでの制動距離で30メートルほどです。

速さが増えると当然必要距離は増えます。

時速100キロメートルとなると空走距離は2倍、制動距離は実に4倍に増えます。

関連記事

  1. トラックの免許情報や運転のコツなどが掲載されているサイト【NORIMONO!!】

    バイクの未来INFO!!自動運転の仕組みとは。今後重要になる人間の役割って?

  2. トラックの免許情報や運転のコツなどが掲載されているサイト【NORIMONO!!】

    バイクの未来INFO!!自家用車で働く。Uberのような企業によって変わる未来の働き方

  3. トラックの免許情報や運転のコツなどが掲載されているサイト【NORIMONO!!】

    バイクの安全INFO!!危険から運転手を守ってくれる便利アイテム

  4. トラックの免許情報や運転のコツなどが掲載されているサイト【NORIMONO!!】

    バイクの免許INFO!!免許取得の期間とは。環境で違う取得までの日数

  5. トラックの免許情報や運転のコツなどが掲載されているサイト【NORIMONO!!】

    バイクの運転INFO!!イメージが大切。内輪差を把握して運転するには

  6. トラックの免許情報や運転のコツなどが掲載されているサイト【NORIMONO!!】

    バイクのお金INFO!!メーカーのおすすめは?高いものや安いもののお値段