2t車の運転INFO!!イメージが大切。内輪差を把握して運転するには

トラックの免許情報や運転のコツなどが掲載されているサイト【NORIMONO!!】

2t車は、普通乗用車と勝手が違います。

車体が前後に長いため、運転するときは内輪差を考慮しないといけません。

左折のときは、運転手側に曲がるのでタイミングのずれは修正できますが、右折の場合は、直接見ることができないので感覚がとても大事になってきます。

最初の頃は、後ろの距離感が掴みにくいので、車体をイメージしながら運転するといいでしょう。

具体的なイメージ方法でいきますと、後輪を基準に右左折するイメージを持つとうまくいきやすいです。

フロント部分が前に出過ぎと思いがちですが、2t車はボンネットがなくそのように感じるだけです。

車両全体を俯瞰しながら運転するイメージを持つと内輪差を把握できるようになります。

関連記事

  1. トラックの免許情報や運転のコツなどが掲載されているサイト【NORIMONO!!】

    2t車の未来INFO!!自家用車で働く。Uberのような企業によって変わる未来の働き方

  2. トラックの免許情報や運転のコツなどが掲載されているサイト【NORIMONO!!】

    2t車のお金INFO!!維持費はどのくらい?車体にかかる費用

  3. トラックの免許情報や運転のコツなどが掲載されているサイト【NORIMONO!!】

    2t車の免許INFO!!免許取得の講習ってある?先に知っておいた方がいい情報

  4. トラックの免許情報や運転のコツなどが掲載されているサイト【NORIMONO!!】

    2t車の未来INFO!!5Gで運転が変わる?近い未来起こる5G革命の未来予想図

  5. トラックの免許情報や運転のコツなどが掲載されているサイト【NORIMONO!!】

    2t車のお金INFO!!税金はいくらか。ちょっとお得に乗りつづける方法

  6. トラックの免許情報や運転のコツなどが掲載されているサイト【NORIMONO!!】

    2t車の免許INFO!!免許取得率はどのくらい?勉強がどれぐらいした方が良いのか