4t車で出来るデコトラの作り方。安くデコるためのポイント

4t車で出来るデコトラの作り方。安くデコるためのポイント

日本独特のトラックの一つとして、デコトラが挙げられます。

業務用の車両であっても、自分の好きなようにカスタマイズしているものが道路を走っているのを見かけたことがある人も多いことでしょう。

4t車で出来るデコトラの作り方としては、専用の業者に依頼して作成する方法と、自分で塗料などを購入して世界に一台だけの車両に作り替える方法などがあります。

4t車をデコトラする場合には、どれぐらいのカスタマイズをするかによってかかる費用や金額が異なります。

荷台の横や後ろなどにイラストを入れるとなった場合には、一面だけでも数十万円から場合によっては数百万円がかかり、バンパーを取り換えるとなると50万円を超えるケースも多く見られます。

ミラーなどのそれほど大きなパーツでなければ10万円程度で購入できるかもしれませんが、電飾を取り付けるとなるとさらに高額となり、簡単なものであっても数十万円単位となるでしょう。

近年ではできる限り電気代がかからないようにと、LEDによるライトアップが主流となっています。

省けるところはできる限り省いていく

しかし購入費用は反対に高額となり、フルカスタムにした場合には数百万円はかかっても当たり前とされています。

中には1000万円単位になるものもあり、場合によってはトラックがもう一台買えるのではないかというほどの金額がかかるケースも見られます。

カスタマイズしようと思った場合には、あれもやりたいこれもやりたいとどんどん夢が膨らんで行ってしまうかもしれませんが、予算は限られていることでしょう。

そのため予算と相談したうえで省けるところはできる限り省いていくことが、安くデコるためのポイントと言えます。

またトラックをデコトラする場合の期間についても、どのようなカスタマイズをするかによって様々です。

ミラーを取り換えるだけであれば、数週間もあれば十分可能となりますが、フルカスタムにするとなった場合には、数カ月、もしくは年単位による期間がかかる可能性もあります。

一般的に業務用のトラックとなると、すぐに業務に必要になるので、2カ月以内に終了するケースが多く見られます。

安くデコるためのポイントとしては、やはりステッカーを使うのが一番です。

インターネット通販などを利用すれば、面白いステッカーを作ることもできるでしょう。

カー用品店などで販売されているものを購入するのもよいですが、遠くからでも目につくような大きさで遊び心を盛り込んだデザインもお薦めです。

取り外しが簡単に行えるマグネット式のものも販売されているので、このようなものを選ぶのも一つの手段といえます。

関連記事

  1. 4t車の最大積載量ってどれぐらい?4tまで詰めるってこと?

    4t車の最大積載量ってどれぐらい?4tまで詰めるってこと?

  2. 4t車の高速代って大体いくら?下道と合わせて運賃を安く抑えるポイント

    4t車の高速代って大体いくら?下道と合わせて運賃を安く抑えるポイント

  3. 4t車で働きたい!からこそ知っておくべき最低限押さえておく法律

    4t車で働きたい!からこそ知っておくべき最低限押さえておく法律

  4. 4t車のここが面白い!仕事のやりがいやドライバーとしてのメリット

    4t車のここが面白い!仕事のやりがいやドライバーとしてのメリット

  5. 4t車の値段っていくら?また、手軽に買える中古やレンタルとも維持費も考えて比較

    4t車の値段っていくら?また、手軽に買える中古やレンタルとも維持費も考えて比較

  6. 4t車で事故ったら?保険や賠償請求。また精神的な物に関するお話。

    4t車で事故ったら?保険や賠償請求。また精神的な物に関するお話。