4t車の免許取得に必要なものとは。お金や期間はどれぐらい?

4t車の免許取得に必要なものとは。お金や期間はどれぐらい?

これから仕事のために4t車の運転を予定していても、免許が対応していなければ乗ることはできません。

4t車に乗るためには適合している免許を持っているかどうかを確認しなくてはいけません。

自分の免許を見て、取得日が2007年6月1日以前に取得した場合にはそのままの免許で運転可能です。

2007年6月2日以降に免許取得をした方の場合は別途中型免許を取得する必要があります。

多くの荷物を運べて、それでいてある程度小回りも効くという軽快さもあり、日常の様々なシーンで使われています。

4t車は中型車とも呼ばれているのですが、最大搭載量5t未満で車両総重量8t未満のものを言います。

最初から一足飛びに中型免許が欲しいと思っても条件があるため、普通自動車免許を取得してから経験を積む必要があります。

気になるお金については、合宿免許なら約14~15万円前後、通学で約17~18万円前後、一発試験は約4~5万円前後です。

一発試験は一見すると安く試験が受けられそうだと思いがちですが、希望日に試験を受けるのも難しい場合が多く、練習する環境は自分で手配する必要があるため、結果的には通常の免許取得とあまり変わらないこともあることから、合宿または通学で免許を取得した方が、安全に技術を得られると考えた方が良いでしょう。

集中すると時間もお金も無駄にならない

取得までに必要な期間は、合宿免許であれば最短約8日、通学なら約10日前後です。

通学は仕事や勉強の合間に行くような感覚なので、しっかりとスケジュール管理をして予約を入れていかないと、もう少しかかってしまうこともあります。

合宿であればまとまった期間集中して毎日勉強しますので、もしも休みが取れるのであれば集中して取ってしまった方が時間もお金も無駄にならないのでおすすめです。

お金や必要期間はあくまで目安ですが、普段の運転状況などによっても補講が入ったりするとその分日程やお金は必要になります。

ぎりぎりの日程で準備をするなら確実に取得できるように毎日頑張っておいた方が良いですが、ゆとりを持って日程を作っておくのもいいでしょう。

4t車は生活にも直結しているようなサイズですから、乗ることができるようになると仕事の幅もぐんと広がります。

取得日によって中型免許を別途受けに行くかどうかが決まるので、よく見直しておきましょう。

自分の可能性をさらに広げていくために、頑張って免許の取得を目指して安全に走行できる技術を身につけて下さい。

関連記事

  1. 4t車で働きたい!からこそ知っておくべき最低限押さえておく法律

    4t車で働きたい!からこそ知っておくべき最低限押さえておく法律

  2. 4t車で事故ったら?保険や賠償請求。また精神的な物に関するお話。

    4t車で事故ったら?保険や賠償請求。また精神的な物に関するお話。

  3. 4t車の高速代って大体いくら?下道と合わせて運賃を安く抑えるポイント

    4t車の高速代って大体いくら?下道と合わせて運賃を安く抑えるポイント

  4. 4t車で立ち向かう天災。地震や凍結の非常時に備える対策法とは

    4t車で立ち向かう天災。地震や凍結の非常時に備える対策法とは

  5. 4t車の最大積載量ってどれぐらい?4tまで詰めるってこと?

    4t車の最大積載量ってどれぐらい?4tまで詰めるってこと?

  6. 4t車のここが面白い!仕事のやりがいやドライバーとしてのメリット

    4t車のここが面白い!仕事のやりがいやドライバーとしてのメリット