4t車で立ち向かう天災。地震や凍結の非常時に備える対策法とは

4t車で立ち向かう天災。地震や凍結の非常時に備える対策法とは

現代では、さまざまな天災に見舞われている地域が急速に増加してきています。

地震や津波、火災などの大きな災害から身を守るためには、普段からしっかりと準備をして対策を練っておくことが何よりも重要です。

4t車を運転しているドライバーにとっては、万が一の災害にも対処できる具体的なノウハウや道具を用意していると安心といえます。

例えば、冬の寒い時期には、気温の低下により道路が凍結してしまう場合があります。

雪が降り始める前に早めにスタッドレスタイヤに交換しておくと安心です。

それと同時に車内にはチェーンも搭載していると、上り坂で立ち往生するリスクを大幅に減らすことにつながります。

また、夜間や早朝の時間帯はアイスバーンの状態になっていることもよくありますので、日陰などを通る時は注意しなければなりません。

水分を多く含んでいるシャーベット状になった雪道は滑りやすくなるため、スピードを落としてゆっくりと進むと効果的です。

急にハンドルを切ったりブレーキを踏むとすぐに停止できないケースも多いため、事故につながる恐れもあるのです。

車軸の真上付近に乗せることでバランス良く運搬

4t車は、大量の荷物を積む際には対策が求められます。

荷台の前方部分に荷物を積み上げてしまうと、スピードが上がり坂道で危険なケースも多発しています。

そのため、車軸の真上付近に乗せることでバランス良く運搬することが可能です。

さらに、大規模な地震が発生すると道路にひび割れが起きることも多く、揺れを感じたら路面の状態をしっかりとチェックすることが重要といえます。

後ろの車に注意しながら路肩に4t車を停車して、余震や津波の情報を収集することも大切です。

万が一の事態に陥った場合でも、パニックにならずに冷静な気持ちで対処することが危機を切り抜けるコツといえます。

天災が起きると交通事故や渋滞が発生しやすくなりますので、一晩以上車内で待機できるように食料品を常備していると大変便利です。

このように、4t車のドライバーはいつ何が起こるか予測がつかない時代において、最低限の準備をしておくことが求められているのです。

最近では防災用品が数多く販売されていて、高い機能性を備えた商品が高い人気を誇っています。

スマートフォンを充電できるライトや非常用簡易トイレ、カイロや毛布などを4t車内に用意するだけでも、いざという時に大いに役立つのです。

落下物から頭を守るヘルメットも常備していると、危険から身を守る助けとなります。

関連記事

  1. 4t車で事故ったら?保険や賠償請求。また精神的な物に関するお話。

    4t車で事故ったら?保険や賠償請求。また精神的な物に関するお話。

  2. 4t車の最大積載量ってどれぐらい?4tまで詰めるってこと?

    4t車の最大積載量ってどれぐらい?4tまで詰めるってこと?

  3. 4t車の値段っていくら?また、手軽に買える中古やレンタルとも維持費も考えて比較

    4t車の値段っていくら?また、手軽に買える中古やレンタルとも維持費も考えて比較

  4. 4t車の高速代って大体いくら?下道と合わせて運賃を安く抑えるポイント

    4t車の高速代って大体いくら?下道と合わせて運賃を安く抑えるポイント

  5. 4t車の運転って難しい?細い道や急勾配、高速道路で使える運転テクニックやコツ

    4t車の運転って難しい?細い道や急勾配、高速道路で使える運転テクニックやコツ

  6. 4t車の免許取得に必要なものとは。お金や期間はどれぐらい?

    4t車の免許取得に必要なものとは。お金や期間はどれぐらい?